100%ハワイ島カウコーヒー(ハワイカウ)取扱専門店

100%カウコーヒー(ハワイカウ)取扱専門店、生豆からローストまで。

トップ  >  はじめての方へ

For the first time users

はじめてのお客様に当店の事やコーヒーのちょっとしたコツ・知識を紹介いたします。ぜひ活用して《コーヒーライフ》を楽しんでいただけたらと思います。

Kana'uCafeお送りするコーヒーについて

当店のコーヒーはすべてお客様からのご注文を受けてからローストします。効率的な方法ではありませんが、コーヒーのすべての《ライフサイクル》を知っていただきたいとの思いがありロースト仕立ての新鮮な状態でお届けすることを使命としています。

深煎り、フレンチローストの豆はコーヒーオイルで覆われた状態でお届けされますが、釜内部または釜出しの時点で発生しているものです。新鮮なバージンオイルですのでご安心ください。このオイルは香りや美味しい成分の放出を抑え、コーヒーの味をまろやかにする働きがあります。

Kana'uCafeコーヒーのライフサイクルとは

コーヒーはロースト後3日ほどで炭酸ガスの大量放出が終わり味がほぼ安定していきます。以降、炭酸ガスは緩やかに抜けていきます。美味しさのバランスの良さはロースト日から10日~1ヶ月間ほどと言えるでしょう。深煎りほど放出する炭酸ガスの総量と期間が長くなるため美味しさのピークは遅れてやってきます。

コーヒーの《ライフサイクル》とはこのロースト直後から始まる味の変化のすべてを意味します。 コーヒーは豆のままと粉に粉砕した状態では《ライフサイクル》の形が変わってきます。豆のままの方が美味しさをキープする期間が長くなるため当店では賞味期限として次の期間を設定しています。

豆のまま:ロースト日の6ヶ月後

粉:ロースト日の3ヵ月後

※賞味期限とは、『ほぼ味の劣化なく品質保持できる期限』としています。

賞味期限を過ぎたからすぐに劣化して飲めないということはありません。

Kana'uCafeコーヒーの保存方法について

当店で使用するコーヒーパッケージは袋の中で発生する炭酸ガスを放出し外の空気を袋のなかに入れない構造《ガス抜きバルブ》を持ったものです。常温で保存する場合は発送時のパッケージ袋のままで構いませんが次の点にご注意ください。

なるべく空気の流れがある場所が良い⇒引き出しの中よりは食卓テーブルの上などが良い

直射日光のあたる窓際などに置かない

開封したらパッケージ内部の空気を抜き輪ゴムなどで硬く閉じる

Kana'uCafe冷蔵保存、冷凍保存はどうすればいいか

保存温度が10度低くなると食品の劣化スピードが1/2になるという研究結果がありますが、コーヒーも同じく冷蔵、冷凍保存すると飛躍的に香味の劣化を抑えることができるのでとても有効です。しかし冷蔵庫の中にはコーヒーの大敵である食品の《臭い》があります。残念ながら《ガス抜きバルブ》は外から入る《臭い》までは抑えることはできません。

臭い移りしないように次の点にご注意ください。

可能であればガラス瓶、ジップロック袋などにパッケージ袋のまま入れます
 入りきらない場合は入れ替えても大丈夫です。

豆でも粉でも常温に戻さずそのまま使って大丈夫
少量のカップ数を作る場合に冷凍のまますぐに使うと抽出液の温度が低くなる場合があります。気になる場合は、粉の状態のままで5分間ほど放置してから使いはじめます。

必要なコーヒー量を取り出したらすぐに冷蔵庫に戻しましょう

Kana'uCafe冷蔵保存、冷凍保存したほうが良い目安は?

購入してから1ヶ月程度で飲みきる量の場合は常温保存が良いです。

1ヶ月以上かけて飲む場合は冷蔵保存。冷凍保存は完全に2,3ヶ月に渡って使わないようなケースに限って良いと思います。

当店でも実験的に冷凍保存をやってみましたが1年間(途中で開け閉めしないで完全に寝かせました)は違和感無く飲めました。冷凍の威力にビックリでした。ただし比較用の新鮮なコーヒーを並べられると確実にバレます。

ちょっとしたコツ・知識いかがだったでしょうか?